banner

廃車寸前を譲る

廃車寸前の車を誰かに譲る

廃車にしたいと思ってる車を誰かに譲りたいと思ってる人がいるかもしれません。
廃車寸前の車であっても、まだ走ることができるなら、誰か引き取ってくれる人がいるかもしれません。
廃車に限らず、車を他人に譲るときは手続きが必要です。
車を人に譲る手続きとは、いわゆる名義変更の手続きです。
名義変更の手続きによって所有権を変えることができ、こうして行政手続き上、自分から相手の所有権に移すことができるのです。
名義変更手続きを行うためには、必要書類を用意しなければなりません。
必要書類には、印鑑証明、車庫証明、譲渡証明書、印鑑、委任状、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、リサイクル券などです。
例え廃車するような車であっても、他人に譲るときは必ず名義変更手続きをしなければなりません。
名義変更で必要になる印鑑証明は、発行から3ヶ月以内のもので、自分と相手(新所有者)の両方の印鑑証明が必要になります。
車庫証明は、新しく所有者になる人が車を停める場所を証明するものです。
こちらは警察署で申請をすれば入手することができます。
譲渡証明書ですが、こちらは旧所有者の実印が押印されたものを用意しなければなりません。
印鑑は、新しい所有者の実印を用意します。
委任状は新しい所有者が手続きする場合に必要です。
旧所有者から委任状を受け取って手続きすることができます。
自動車税納税証明書、自賠責保険証明書は、車検証があれば問題ありません。
リサイクル券は、リサイクル料金を支払うことで受け取れる書類です。
廃車するようなボロボロの車は、売ってもお金にならない、廃車処理すれば逆にお金がかかると思って、他人に譲ることを考えるかもしれません。
ところが、買取専門業者に依頼すれば老朽化した車でも買取してくれる可能性があります。
買取専門業者の中にはリサイクルパーツを専門に扱う業者があり、そういった業者の場合は、パーツに価値があると判断すれば不動車でも買取を行うことがあります。
再利用できる部品を取り出して、それを製品化して再販するのが目的ですから、エンジンが不動であっても問題がないのです。
老朽化した車でも金属部品を中心にパーツに価値が残っているなら、それは買取りしてもらえる可能性が残っていることを示します。
無料一括査定サービスなどを利用して、どのぐらいの査定額が出るかをチェックしておくのはよいことです。
無料一括査定では、たくさんの業者に一度に見積り依頼を出すことができます。

Copyright(c) 2014 廃車になった車の有意義な活用の方法を教えますAll Rights Reserved.