banner

廃車の名義変更

廃車する際の名義変更とは

車は使用者が必ずしも所有者とは限りませんので、廃車にする際には通常の手続きとは異なる場合があります。家族が所有する車や親戚から譲り受けた車の場合には、名義変更をせずに使用することも可能です。またローンを利用した場合には、ローン会社やディーラが所有者となっている場合がありますので、名義変更をしていなかった場合には廃車手続きの流れが異なってくるのです。

しかし所有者と使用者が異なる場合でも、廃車にするために名義変更をする必要はありませんので、書類上の処理で対応することが可能なのです。廃車には様々な書類が必要ですが、所有者が異なる場合には譲渡証明書と所有者の印鑑証明が必要となります。

さらに手続きでは委任状が必要ですから、所有者の署名押印が必要になります。必要な書類さえ用意できれば所有者名を変更しなくても廃車手続きが可能ですから、手続きを行う際には確実に書類を準備する必要があるのです。また家族名義の車で所有者が亡くなってしまった場合でも手続きは可能ですが、その場合には通常準備する書類の他に戸籍謄本が必要となります。また配偶者が健在の場合には配偶者の印鑑証明が必要ですし、配偶者も亡くなっている場合には戸籍謄本に記載されている順番で直近1名以上の印鑑証明が必要になります。

廃車にするに当たり所有者名が異なる場合でも、譲渡証明書や所有者の印鑑証明、委任状があれば他人が手続きを行うことも可能なのです。また使用者が直接手続きをすることも可能ですが、業者に依頼して手続きを行うことも可能です。手続きは不慣れな人が行うには労力を必要としますし、不備があると何度も窓口に行くことになりますので、費用を支払って専門業者に依頼した方が良いのです。
他人名義でも名義変更無しで廃車にすることが可能ですが、所有者がローン外車やディーラーになっている場合には所有権解除をすることで手続きが可能となります。所有権解除には所有者から委任状や印鑑証明、譲渡証明書を取得する必要があります。
書類の発行には時間がかかりますので、余裕を持って準備することが大切なのです。
特に年度末である3月に廃車手続きを行う際には、3月中に手続きを終わらせる必要がありますので、確実に間に合うように書類を準備しておくことが大切なのです。

他人名義の車でも、必要書類の準備など一定の条件を満たせば名義変更をしなくても廃車にすることが可能ですが、所有者との間にトラブルが起こらないようにするためには、車を譲り受けた際に名義を変更しておくことが大切なのです。

Copyright(c) 2014 廃車になった車の有意義な活用の方法を教えますAll Rights Reserved.