banner

抹消手続きとは?

廃車手続きにおける「抹消手続き」って?

所有する自動車を廃車にするにあたっては、さまざまな手続きを踏む必要が出てきます。
中でも最も重要な手続きとなるのが「所有する自動車を使用することはありません」ということを証明する「抹消手続き」と呼ばれるものです。
この抹消手続きが行われていないのであれば廃車手続きを完了させることは出来ず、自動車税の賦課をとめることもできません。
ですが廃車の手続きを進めていくにあたっては、この「抹消手続き」には大きくわけて二種類があるということを事前に理解していなくてはなりません。

まず一つ目の種類となるのが「一時抹消登録」と呼ばれるものです。
これは「所有する自動車の使用を一時的に取りやめます」という内容の手続きであり、自動車を廃車にする場合のみではなく、長期入院で自動車を利用できなくなることが明らかである場合や、保管は続けるものの公道の走行はしないという場合に行うこととなる手続きです。

この手続きの特徴は「再登録をすれば再度利用することが出来る」という点です。
ですがこの一時抹消登録の場合には厳密に言えば廃車を完了させるということにはなりません。
実際に廃車手続きを完了させるには、一時抹消登録を事前に行った自動車に対して自動車リサイクル法に基づいた解体処理を行い、発行された解体届出を運輸支局に届け出なくてはなりません。

実際に解体が完了するよりも先に自動車税の賦課をとめることができるというメリットがありますが、その反面、解体完了後にはもう一時抹消登録とは別に、解体届出の提出を行う必要が出てきますので、申請の手間が増えるというデメリットがあります。
対して二つ目の種類となるのが「永久抹消登録」と呼ばれるものです。
これは再登録をすれば再度自動車を利用できる一時抹消登録とは対照的に、永久抹消登録が行われた自動車は再度の利用が不可能となってしまいます。

また一時抹消登録の場合は解体を行う前に手続きを行う必要がありましたが、永久抹消登録の場合は、解体が完了した後に解体届出とともに申請を出す必要があります。

この永久抹消登録という手続きのメリットとなるのは、申請が一度で完了するということですが、永久抹消登録は解体作業が完了してからではないと申請することが出来ないため、手続き完了まで時間がかかるというのがデメリットとなります。

自動車重量税の還付を受領できる期限が迫っているというような場合であれば、一刻も早く税金の賦課を止める必要がありますので一時抹消登録を行うことが効率的となりますが、そうでないような場合であれば手続きが一度ですむ永久抹消登録のほうが手間が少ないといえます。
自動車を廃車にするというような場合であれば、自身の状況に合わせて抹消手続きを選択するように心がけましょう。

Copyright(c) 2014 廃車になった車の有意義な活用の方法を教えますAll Rights Reserved.